シモン・ボレノ、デビューリサイタル2018/09/29 18:17

今日は、キタラの新しいオルガニスト、シモン・ボレノ氏のコンサートがありました。フランスの人です。第20代になります。

曲は、バッハ:”トッカータとフーガニ短調”、デュプレ:”前奏曲とフーガロ長調”、フローレンツ:”「賛歌」作品5”、ポエルマン:”ゴシック風組曲”など。やはり、バッハ以外はフランスの作曲家が多いですね。それも、あまり知られていない人ばかりです。

ボレノ氏は、背の高い線の細い感じの人です。ところが、演奏は、外見に似合わず、力強い骨太な演奏です。そして、来たばかりなのに、日本語のあいさつがうまいのにびっくり。終了後、プログラムにサインをもらいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fufusk.asablo.jp/blog/2018/09/29/8966550/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。