プラハ交響楽団コンサート2019/01/11 14:21

昨日は、札幌文化芸術劇場hitaruに初めて行ってきました。出演は、プラハ交響楽団、指揮はインキネン、ソリストはヴァイオリンの樫本大進です。

オペラの上演出来る劇場ということで、期待していったのですが。まず、ホールに入って席に着くまでが一苦労。エスカレーターが狭くて、乗り口の前に行列ができていました。火事の時大丈夫なのか、心配してしまいます。

曲は、ブラームス:”ヴァイオリン協奏曲”とドヴォルザーク:”交響曲第9番「新世界より」”。プラハだけに本場のドヴォルザークを聞かせてくれます。アンコールの”スラヴ舞曲”がとりわけ良かったですね。

ところが、ここは、音響的にもキタラよりは劣るような感じがします。高音が強調されすぎているような感じです。席が安い席だったからかもしれませんが。ちょっとがっかり。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fufusk.asablo.jp/blog/2019/01/11/9023909/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。